黒猫ライフ-3人と1にゃん-

黒猫と1歳児を育児中

// Sponsored Links //

[おやすみ、エレン]話題のぐっすり絵本を買いました[1歳11ヶ月]

少し前に流行っていた、魔法のぐっすり絵本。


気にはなっていたのですが、娘の年齢に対して文字が多く、むずかしそうに感じたこと、挿絵のうさぎがあまり好みじゃなかったこと等戸惑う理由がいくつかあり、書店で手に取ることはあっても購入には至りませんでした。

何歳から効果があるの…?

著者によると対象年齢はないそうです。
生後数ヶ月の赤ちゃん~不眠に悩む様々な年齢の人に効果があったのだとか。
でも0歳児や1歳児の頃の我が子が挿絵の少ないこの本をおとなしく聞いてくれるとは思えませんでした。
そんな娘も1歳11ヶ月。今月で2歳になります。
文の多い絵本でも少しずつ聞けるようになりました。
そして2歳目前、体力がついてきたのでしょう、なかなか寝てくれなくなりました…
どうみても眠いのに目を擦りながらも布団から脱走して遊び続けるのです。

毎日7時に起きるのに23時まで起きている日も少なくありません。
私のほうが眠いです_(:3 」∠)_

寝かしつけを時短したい!!

毎日何冊も絵本を読んで、時には同じ絵本を5~6回アンコール。
うとうとしたと思ったら気合で起きて脱走…
自分も眠いのに!家事も残ってるのに!寝かしつけするのはなかなかつらいものです。
1400円の投資で寝かしつけ時間を節約できるなら安い。
そう思い数日前に購入しました。

おやすみ、エレンは絵が可愛い。

私が購入したのは第2弾のおやすみ、エレン。


こちらは一作目に比べて絵が格段に可愛い。
娘も「ぞうさんの本!」と興味を示してくれました。
ロジャーの絵柄に抵抗があって購入を悩んでいた人にはオススメです。

やはり挿絵の数は少なく、文章しかないページもあります。
幼児では飽きてしまいそうで心配でしたが、子どもの名前をいれて読むセリフが頻繁にあり、名前を呼ばれることでちょっと飽きていてもまた興味をもって、絵本に集中してくれました。

気になる効果は・・・

  • 1日目・・・おやすみ、エレンをを読むも寝室からすぐ脱走。結局いつもと変わらず2時間くらいかかって寝かしつけ。
  • 2日目・・・「ぞうさんの本読もう」と娘からリクエスト。いつも3冊×各3回は読まないと寝ないのに、15ページまで読んだところで寝た!それも起きずに朝までぐっすり!!!!!
  • 3日目・・・「ぞうさん!」とまたリクエスト。昨日の続きから読んだところ、25ページで寝た。多分10分くらい。なにこれすごい。
  • 4日目・・・再び最初から読んでみると10ページで寝た。


今週は確実に寝かしつけが楽でした。
この効果が持続するかはまだわかりませんが、本を1冊読み終わらないうちにすやすや寝てくれたのはびっくりです。感動物です。

気になっている方は試す価値はあると思います(n‘∀‘)η


そうそう、「くたくたになる」という言葉がとてもよくでてきます。
なんとなく「くたくた」という表現に抵抗があり、あまり娘に積極的に使ってほしくないので「くたくた」のとことは「ねむねむ」と言い換えて読んでいます。
それでもすぐに寝てくれました(:3[▓▓]