黒猫ライフ-3人と1にゃん-

黒猫と1歳児を育児中

// Sponsored Links //

赤ちゃん連れの旅行@5ヶ月



あけましておめでとうございます。

年末年始のごたごたでついブログを放置していました。

赤ちゃん連れの実家帰省も無事に終えることが出来ました。


f:id:neco18bk:20160106082012j:image

12/31〜1/4までの4泊5日でした。
(義実家1泊、ホテル3泊)


赤ちゃんと旅行に行くときの事前準備

とにかく荷物が多くて困りました。キャリーバッグは郵送しておいて良かった!!
  • キャリーバッグの1/4はオムツ
  • 汚れることを考慮して多めの着替え
  • 防寒着
  • ブランケット(敷く用・かける用の2枚)
  • ベビーソープ
  • お気に入りのおもちゃ
などなど。
荷物のうち殆どが娘のもの。
私と旦那の荷物は最小限に減らしました。着替えも少なくして洗濯する作戦。

キャリーバッグがないから少しは身軽になったのですが、それでも当日の娘用荷物が多い多い。

普段のマザーズバッグだけでもそこそこあるのにさらにオムツや着替えを多めに持つのでかなりのボリュームになりました。


はじめての飛行機

思ったよりも大丈夫でした、最初は。

羽田空港から乗ったので離陸までがそこそこかかるんですよね、でも全然泣かずにひとり遊びをしてたので安心していたら…離陸した瞬間に💩しました。
どうして赤ちゃんって想定外の行動をするのでしょうか。フリーダムすぎます。

タイミングが悪くすぐオムツ替えが出来なかったためかご機嫌を損ねてしまい、そこからはぐずぐずでした。


空港内の設備

やはり空港は赤ちゃんに優しかったです。授乳室や赤ちゃん休憩室が空港内にたくさんあり、そんなに歩かなくてもすぐに見つけることが出来ました。
ひとつひとつの部屋は小さいのですが、たくさんあるからか混まないし、清掃も行き届いているのでとても快適でした。
(ショッピングセンター等の赤ちゃんスペースの混み方に比べたら全然大丈夫!)


宿泊施設

ホテルは転落の心配のない和室にしました。

乳児は添い寝なら無料のホテルが多いです◎ 赤ちゃん用のアメニティはないのでベビーソープは持参しました。


持って行って良かったもの

抱っこ紐
ダントツです。両手が使えるのほうがいいし、長時間抱っこすることが多かったので抱っこ紐がなかったら腰がやられていたと思います。


ビニール袋
使用済みオムツをいれたり、汚れたスタイやガーゼをいれたり、泣いている娘にカサカサしてみたり。なにかと使いました。

ストール
ストール一枚あれば、赤ちゃんを寝かせる時に下に敷いたり、寒い時は包んだり、緊急時の授乳ケープにしたりと多用途に使いました。


マルチクリップ
ストールとセットで使うことが多かったです。抱っこ紐の外側にストールをとめて防寒用にしたり、授乳ケープとして使うときもずり落ち防止に使ったり。
スタイの替えがなくなったときはガーゼをマルチクリップてとめてスタイ代わりにもしました。



除菌シート・手ピカジェル
気になる場所をささっと除菌!
レンタルしたベビーカーは拭くとシートが真っ黒になるほど汚れていることがあるので乗せる前は必ず拭いています。
他にも娘が触る場所(テーブルや座席)は拭いておけば安心です。
そのあと、自分の手を手ピカジェルで、娘の手はおしりふきで拭きます。

シルコット 消毒ウェットティッシュ 本体40枚 [指定医薬部外品]

シルコット 消毒ウェットティッシュ 本体40枚 [指定医薬部外品]


手ピカジェル お出かけホルダー付(ピンク) 60mL [指定医薬部外品]

手ピカジェル お出かけホルダー付(ピンク) 60mL [指定医薬部外品]


まとめ

行く前はどうなるんだ…と心配ばかりしていましたが、意外となんとかなりました。
今回は、
車、飛行機、タクシー、電車、フェリー、バスと殆どの乗り物に乗りましたが娘が体調を崩すこともなく4泊過ごせました。
ぐずったのも飛行機くらいです。
(飛行機はさすがに疲れるのか最初は平気でも後半ぐずぐずしてしまいました。)

赤ちゃん連れの旅行に尻込みしていたけど、今回思い切って帰省してみて、意外といけるじゃん!また旅行いけるかも!と前向きな気持ちになりました。

次は夏か秋に帰省できるといいねーなんて話が出るくらいです( '∀' )


非日常の刺激的な日々を過ごしたからか、娘は成長したように思います。

セルフいないいないばあがしっかり出来るようになったし、今まではやる気のなかった寝返りもするようになりました。

この調子で今年もどんどん成長していってほしいです◎