黒猫ライフ

黒猫に見守られながら2歳児と0歳児(低体重でNICU入院中新生児)の姉妹を育てています。

// Sponsored Links //

切迫早産→緊急帝王切開③ おわり

手術当日の夜は
上を向いたまま自分では全く動けませんでした。

麻酔が完全に切れるまで何時間も足に力が入らなくて吃驚しました。

そして「息苦しく無くなったからこれ外したい」と酸素マスク邪魔ですアピールをしてみたものの脈が落ちるからダメと朝まで酸素マスク装着決定。
邪魔だなと思いながら寝たのも、いい思い出です( '3' )


時間が経つにつれて痛みがでてきました。後陣痛による子宮の痛みと、切開部分の痛み。
痛くて足を動かすのも怖い。
背中の硬膜外麻酔に、痛いときに押すボタン(1時間に1回まで)があったので1時間おきに押してました。


看護師さんが子宮の戻りをチェックするためにお腹をぐいぐい押すやつ(2〜3時間おき)が一番痛かった(;ω;)
「なんでそこ押すの?!💢」ってくらい痛かった。

しかし、看護師さん曰く「痛みに強いし、回復がとてもはやいですよ〜!」とのことで、
翌日の午前中には歩かされました。

24時間ご飯食べてなくてお腹空いてる上にお腹痛いのに歩くなんて!!と思ったけど、はやく帰りたい=はやく回復しなくちゃとの思いでがんばりました。
ぷるぷるしながらなんとか立ち上がって、出産って本当大変なんだなーと今更感じてました。

このとき意外と歩けちゃったので尿管も外して、トイレが解禁になりました。
「すごーい!足取りスムーズ!」って看護師さんに褒めてもらって、こんなにぷるぷるしてるのにスムーズなのかと思ってました。

この後トイレのたびにベッドから起き上がる痛みと歩くときの痛みでしばらく苦しみました(;ω;)



赤ちゃんに会えたのは翌日の午後でした。手術室であってから約24時間後。やっと会えた赤ちゃんは小さくて可愛かった。

痛いの忘れて起き上がって抱っこしました。

無事に産まれてよかった。
私の身体がぼろぼろでも、娘が無事ならよかった。そう思える母性が自分にあることにちょっと驚きました。


私のお産はイメージしていた
陣痛の痛みに悶えつつ旦那に励まされながらがんばって産む!にはかすりもしない
突然の帝王切開、手術後の痛みとの闘いでした。

帝王切開の手術自体は全く痛くなかったです。痛いのは術後の夜〜数日後がピーク。
でも痛み止めを処方してもらえるので、耐えられないほど痛いなんてことはなかったです。

自分の覚書として文字にしたけど、
帝王切開がこわくて検索してきた方の力に少しでもなれたらいいなーと思います。

痛いけど赤ちゃんが部屋にきたら忘れて夢中になっちゃうから大丈夫!!

妊婦期間も終わって
すこし寂しいけど、
これからは育児をがんばります!


📝切迫早産→緊急帝王切開 ① - 黒猫ライフ-3人と1猫-

📝切迫早産→緊急帝王切開② - 黒猫ライフ-3人と1猫-