黒猫ライフ

黒猫に見守られながら2歳児と0歳児(低体重でNICU入院中新生児)の姉妹を育てています。

// Sponsored Links //

切迫早産→緊急帝王切開 ①

切迫早産で前月入院してから

34日間の入院生活の末、

本日無事に退院出来ました。

正産期に入っても、

“羊水が少なめ”だったため

退院が許されず病院で陣痛待ちをする日々でした。

切迫早産のときは点滴で張りを食い止めていたのに、いざ点滴をやめても張り返しはあったものの陣痛には繋がらず、

マタニティヨガをしたり、ツボを刺激したり、スクワットをしたりな日々でした(°_°)

数日経っても陣痛がこないので卵膜剥離をしようかとエコーをしてもらったところ、羊水がまた減っている、“羊水過少のレベル”になってしまった。との診断でした。

「羊水がかなり少ない。陣痛が来た場合赤ちゃんの心拍が低下する可能性が高い。早く出してあげた方がいいかもしれない。経膣分娩よりも帝王切開が安全だな。」

『えっ、帝王切開…(°_°)』←あまりに突然だったのでちょっと嫌そうな空気を出す

「(帝王切開の必要性をもう一度説明される)」

「経膣分娩に拘っている人でも帝王切開を進めるケース。」

『…わかりました。』←拘ってるわけでもないし、私の恐怖心よりも赤ちゃんの安全第一だよねと納得する。

「じゃあ家族に連絡しておいてね、準備しよう。」

『…ええっ?! 今日?!(°_°)』

「そうだね、午後にやろう。早い方がいい。』←@10:00

『!!!!(°_°)』

そんなわけで、

旦那くんと母親に連絡し、すぐ来てもらうことに。

ここから看護師さんと助産師さんうろうろし始めあっという間に、点滴をうたれ

、剃毛され、同意書にサインし…と準備されていきました。

そして13:30に歩いて手術室へ。

帝王切開するときまってから約3時間ほどで手術台に乗っていました。

手術怖いとか通り越して、もう受け入れるしかなかったです。

朝は「今日噂の子宮ぐりぐりの刺激してもらって陣痛きたりして!夜には産まれたりして!」なんて旦那くんときゃっきゃしていたのにな(°_°)

長くなるので続きます。

切迫早産→緊急帝王切開② - 黒猫ライフ-3人と1猫-